ガス冷却ペルチェ方式霧箱 その14 ファン改造

その他のプロジェクト

 
除湿器に使われていたこの大きなシロッコファン。当初構想では廃棄する予定でしたが、思いのほか風量がでかいので、これをそのままラジエータの冷却用に流用することにしました
が、現状ママでは邪魔なリブ等が出っ張っていますので、これらを落として使い勝手の良い形に修正することにしました。

現状はこんな感じ。写真右側の壁のような部分が邪魔であります。ということでのこぎりでぶった切ります。

とりあえずはが届くところまで入れて、

そのまま折り取れるかもと思って揺らしますが、びくともしません。PPは粘るんですよね。この部分2mmもないくらいの一枚板なんですが、それでも切り取るのは結構大変そうであります。

ましてやこのリブなんか大変だろうなあ。

無理だろうと思いつつも超音波カッター持ってきます。

しばらく格闘しますが、さすがに荷が重いようです。

じゃあ直線部分だけでもということでアクリルカッターを試したところ、

あっさりでした。切り口もきれいです。素晴らしい。

リブ周りはしゃーないのでのこぎりを横使いして無理やり落としていきます。

かなり曲がります。端の方をまっすぐ切るのはこの構造の鋸では無理であります。

それでも何とか切り取って、

ボス穴用の柱も落とします。

反対側のリブも。

これで邪魔な出っ張りは無くなりはしましたが、切り口があまりに汚いです。

もう少し切り増しします。今度は邪魔なリブを落とした後なのでかなり面ギリギリまで切り込めます。

まあこれくらいで妥協するかな。

現構想では、このファンをこのままの向きで下に敷いて、その上にラジエータとコンプレッサが入った箱を乗せ、横から外気を取り入れて下から吸い出し、最下段の横に排気する作戦で行くつもりです。排気はお客さんの方には向けられないので、ブース側かな。
これで空冷部分は何とかなると思われます。一歩前進です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました